武豊の嫁(妻)は佐野量子!浮気問題と驚愕の年収やキタサンブラックの有馬記念で勝負!【グッと!スポーツ】

12/19放送のNHK「グッと!スポーツ」
日本No.1ジョッキーとして名高い
武豊騎手が出演されます。

今週は日本中央競馬のフィナーレを飾る
グランプリ有馬記念が開催されます。

武豊騎手が跨るのは
これが引退レースとなるGⅠ6勝馬
キタサンブラックです。

最近、競馬以外でのゴシップで
世間をさわがせている武豊騎手。

今日はそんな武豊騎手にスポットを当ててみます。

皆さん一緒に確認していきましょう!

<目次>

  1. 武豊騎手のプロフィール
  2. 武豊騎手の奥さまは佐野量子さん!そして武豊騎手の驚愕の年収は!?
  3. 50代を目前にしてもモテモテの武豊騎手。過去には浮気疑惑も…
  4. 有馬記念はキタサンブラックで勝負!
  5. まとめ

スポンサードリンク

武豊騎手のプロフィール

出典:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129047

名前:武豊(たけ ゆたか)

出身:京都府京都市
   ※育ちは滋賀県栗東市

生年月日:1969年3月15日(48歳)

身長:170.5cm

体重:51kg

血液型:O型

武豊騎手は1969年生まれ。
父は「魔術師」の異名を取った武邦彦元騎手。
弟にこちらも元騎手の武幸四郎さんがいらっしゃる
競馬ファミリーの一員に生まれます。

デビュー時からその騎乗技術はずば抜けており
デビュー時の新人騎手最多勝利記録(当時)を皮切りに
ありとあらゆる勝利記録勝利記録を次々と更新し
JRA歴代最多勝記録および歴代最多騎乗数記録保持者
として今でも第一線で活躍し続けています。

武豊騎手の前人未到の最多勝利記録(3941勝/更新中)は
おそらく今後破られることはないと言われています。

武豊騎手の奥さまは佐野量子さん!そして武豊騎手の驚愕の年収は!?

武豊騎手の奥さまは佐野量子さんです。

出典:http://kuropon-celebrity.com/post-1925/

佐野量子さんは、元芸能人。
80年代はアイドル歌手として活躍されました。

佐野量子さんが中京競馬場にゲストとして
招かれたのが初めての出会いだそうです。

1995年に武豊騎手と結婚するとそのまま芸能界を引退。

以降メディアでの露出はほとんどありませんでしたが
2015年のバラエティ番組に約20年ぶりに出演し
当時と変わらぬ美貌で、ファンを驚かせました。

出典:http://entamesports.com/geinou/sanor/

やはり、元芸能人。
劣化知らずの美貌ですね(^^♪

元芸能人の女性は、家事や子育てがひと段落すると
芸能界に復帰される方も多いのですが
佐野量子さんが、20年もの間メディアでの露出を控えていたのは
武豊騎手の稼ぎが非常に大きいという部分もあると思います。

日本人騎手でも20年以上トップを守り続けている武豊騎手。

その年収は優に1億を超えるとも言われています。

毎年コンスタントに億を超える稼ぎを
旦那さんが残してくれたら、奥様は
別段働く必要などありませんからね…。

スポンサードリンク

50代を目前にしてもモテモテの武豊騎手。過去には浮気疑惑も…

アスリートとしても超一流の武豊騎手。

小柄な方も多い騎手の中で
武豊騎手は170cmを超える身長です。

これは騎手の中ではかなりの高身長です。

ですが体重は50kgを常にキープ!

170cmで体重50kgって
めちゃくちゃスマートです!!

当然、モテます!

過去には女性と浮名を流したこともありました。

出典:http://tee1515.com/2340.html

2015年にはフリーアナウンサー美馬怜子さんとの
「手つなぎデート」が報道され…

出典:http://lifes-bright.com/take-yutaka-oura-ai-kiss-friday

2017年にはタレント小浦愛さんとの
「ハグ写真」を撮られてしまったのは
記憶に新しいですね。

50歳を間近にしたこのモテっぷり。

お金も稼ぎ、スタイルも良し、またイケメンで話も面白い。

そりゃモテるだろう凸(゚Д゚#)!

武豊騎手の凄さはこういった部分でも垣間見えますね(笑)

スポンサードリンク

有馬記念はキタサンブラックで勝負!

次の日曜日は、
日本中央競馬の1年のフィナーレを飾るグランプリ
「有馬記念」が中山競馬場で行われます。

武豊騎手はこのレースが引退レースとなる
GⅠ6勝馬、キタサンブラックに騎乗します。

武豊騎手が一躍脚光を浴びるきっかけになったのが
1990年の有馬記念。

当時人気絶頂だった稀代のアイドルホース
オグリキャップの引退レースで見事に勝利をプレゼントし
中山競馬場に「オグリコール」を巻き起こします。

また2006年の有馬記念では、
あのディープインパクトの引退レースを
見事に勝利で飾り、ディープ伝説の締めくくりを
劇的な勝利で完結させました。

「有馬記念」「引退レース」とくれば
キタサンブラックも勝ったようなものでしょう(←たぶん)

キタサンブラックのオーナー(馬主)は
演歌歌手の北島三郎さんです。

暮れの中山競馬場で、サブちゃんの「祭り」の
大熱唱があるかどうか…。

乞うご期待ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

武豊騎手は、どれだけ大レースが来ても悲壮感とは無縁です。
いつもスマートに勝利を手にします。

そういったスマートな生き方は
同じ男性として参考にするべき点は多々あると思います。

これからも競馬会を支える第1人者として
若手の目標であり続けて欲しいですね(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする