センター試験の遅延やマークミスなど注意点や直前の勉強法をまとめてみた!もうすぐ春だ、頑張れ受験生!

受験生の皆さん、いよいよ今年も
「大学入試センター試験」
やってきました!

出典:http://telemail.jp/shingaku/pc/gakkou/0102.php

2018年は1/13(土)、14(日)の
2日間に分けて実施されます。

今までの勉強の成果を
当日しっかり出すためには
「平常心」でいることが大事です。

今回は
センター試験会場で起こりうる
問題やトラブルなどに見舞われないように
注意事項と直前の勉強法をまとめてみました!

皆さん一緒に確認していきましょう!

<目次>

  1. センター試験受験時の注意点
    1-1.試験前の事前準備
    1-2.試験当日/開始前
    1-3.試験中
    1-4.試験後
  2. センター試験直前の勉強法について
  3. まとめ

スポンサードリンク

センター試験受験時の注意点!

<試験前の事前準備>

出典:https://resemom.jp/article/2017/06/06/38518.html

・体調管理
⇒この時期はインフルエンザが流行しますので
体調が悪いと思ったときは無理せず休息を。
少し休んだ方が効率が良いときもありますよ♪

・時計と鉛筆は必須
⇒座席によっては時計が見えにくい場所もあるので
必ず腕時計を持っていきましょう。
鉛筆は芯が折れてもいいように予備を含めて
数本持っていきましょう。
(和歌や格言が印刷されたものはNG)
消しゴムはよく消えるものを。

・ブランケットや温度調整可能な服を準備
⇒座る場所によっては同じ部屋でも
暑かったり寒かったりするので
自分で調整可能な服を準備しましょう。

・試験会場までのルートは必ず確認しておく
⇒管理人(筆者)は当時
人の流れについてったら
全く別の試験会場に着いてしまった
ことがあるので
誰かに頼らず自分で確認するようにしましょう。

・小腹が空いたときのお菓子なども持っていく
自分のお腹の音で集中できなかったという
生徒さんもいると思うので念のため
お腹が空いたとき用に、軽くつまめる
お菓子などは持っていきましょう。

・利尿作用のある飲み物を飲みすぎない。
⇒1日目に社会を2科目受験する人は
間の休憩時間は基本トイレに行けないため
コーヒーなどをグイグイ
飲みすぎないようにしましょう。

<試験当日/開始前>

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H7X_U7A110C1CC1000/

・電車の遅延情報を確認しておく
当日は1時間半~1時間前までに到着する目安で。

⇒2018年のセンター試験当日は
日本海側を中心に大雪の予報です。
電車の遅延情報は確認をしておきましょう。

余裕をもって到着出来たら
試験会場の温度に体を慣らしておきましょう。

その上で、混雑しなさそうな
お手洗いを早めに見つけておきましょう。
(※休憩時間に激混みする可能性があるため)

※もし電車が遅延していた場合

慌てずに
あなたの電車が遅延しているという事は
他の受験生でも同じ境遇の人がいるという事です。

まずは焦らずに。

そして
①センター試験の受験表に、問い合わせ大学と
試験当日の電話番号が書いてありますので
電車の遅延状況を伝えて、指示を仰ぐようにしましょう。

②そして必ず駅で
遅延証明書をもらうようにしましょう。

とにかく
焦らずに行動しましょう。

・必要以上に緊張しすぎない
⇒試験開始前に、机の上のものを全てしまうように
アナウンスがあります。このタイミングから
一気に緊張感が高まります。

その状態で、いざ問題を解いてみると…

「解けねぇ…!」
という状態になり
そのままずるずると
いってしまう可能性があります。

解ける問題から落ち着いて
解いていくようにしましょう!

<試験中>

とにかく、
周囲に影響されないこと!!

出典:http://www.asahi.com/edu/center-exam/TKY201301190011.html

受験会場にはいろいろな生徒がいます。
その時に周囲の生徒に影響を受けないこと!

例えば休憩時間。

自分にとっては難しいと思っていたのに
斜め前の生徒は友達に
「やった!できた!!」
と言っている…。

これはヤバいかもしれない…。

そんなことはありません!

見知らぬその生徒さんとあなたは
志望大学が違うのです(←たぶん)

他人のことは気にしない!

次の時間に切り替えましょう!

・休憩時間に答え合わせをしない!

⇒今まで、受験生の皆さんは
模試をたくさん受けられてきたと思いますが
センター試験本番の大きな違いは
休憩時間が長いことです。

この時、皆さんにとって
悪魔になるのが
お友達の受験生です。

「さっきの数学の大問2の(2)。
答えは、○○が□□だから
▲▲だよなぁ?」

ャバイョ━━<(ll゚◇゚ll)>━━ッッ!!!!!

やってしまった…。

もう立ち直れない…。

となる事もあると思うので
友達が仕掛けてくる答えの確認には
乗らないようにしましょう!

さぁ、切り替えて
次の時間の勉強をしましょう!

・問題を解き間違えない!
⇒数学Ⅰと数学ⅠA
数学Ⅱと数学ⅡB
などは、同じ問題冊子になっています。

自分がどの問題を解くのかは
必ず確認するようにしましょう!

・マークミスに注意!
⇒解答のマークミス、マークのずれはもちろん
解答科目のマークミスなどにも
当然注意を払いましょう!

特に国公立大志望者は
センター試験の結果を見てから
出願することになりますが
頼れるのは自己採点のみ。

自己採点の点数がずれないように
解答マークにも細心の注意を!

<試験後>

センター試験の2日目も受験する生徒は
1日目の自己採点は極力せず
2日目の勉強に重点を当てましょう。

センター試験終了後は自己採点をし
次に向けて気持ちを切り替えましょう!

おそらくすぐに次の試験がやってくると思います。
気持ちをそちらに向けましょう!

スポンサードリンク

センター試験直前の勉強法について

出典:https://mikata.shingaku.mynavi.jp/article/1509/

いよいよセンター試験まで
あと残すところ2日となりました。

ですが
あと2日しかない
と考えるのと
まだ2日ある
と考えるのでは
心持ちも変わり
行動も変わってくると思います。

ここは
「まだ2日ある!」と考え
最後の最後まで、
本当に試験の直前まで
粘りに粘ってみてください。

本番と同じ時間で過去問演習を!

センター試験において
時間配分はかなり重要です。

各科目ごとの目標点を想定し
本番に沿った時間配分を意識して
問題にあたっていきましょう。

暗記科目こそ、ラストまで伸びる!

特に理科社会の科目は
覚える内容も多いうえ
学校の進度的に
最近範囲を終えたばかり
という生徒さんも多いのではないでしょうか。

今からでも充分間に合いますよ!

覚えれば解ける問題(漢文なども)は
最後の最後まで粘りでやり切ってみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いよいよ本番ですが
重ね重ね、とにかく
平常心でいることです。

皆さんの1年間の頑張りはここで花開きます。

あの時(夏休みなど)頑張った自分自身が
今の皆さんを後押ししてくれるでしょう。

最後の最後まであきらめず
頑張ってください。

努力を重ねて
本番に臨みましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする